何にウエイトを置いて売却するかで選択肢は変わってくる

不動産を売却するにあたって、大きく2つのスタイルがあります。それは仲介と買取という2種類の方法です。仲介とは、不動産会社が間に入ることで一般の購入希望者を探す方法を指します。一方買い取りは不動産会社そのものが買主になって、直接皆さんから不動産を購入する方式です。それぞれにメリットデメリットがあります。

 

仲介の場合、一般から皆さんの不動産を購入してくれる人を探します。物件によっては、なかなか買主が見つからず売れない状況の続く可能性があります。買取の場合、買主は不動産会社と決まっているので売却価格の折り合いさえつけば、すぐに売却できます。

 

しかし買取の場合、不動産購入した不動産会社は基本再販売を目的としています。そうなると再販売するために、いろいろな経費が掛かります。不動産所有することによって発生する税金や売却にあたっての広告・宣伝費、さらには利益も上乗せしないといけません。

 

このため、仲介と比較すると買取の方が売却金額は安く抑えられてしまいます。いろいろなケースがあるので一概には言えないものの一般的には、相場の70〜80%程度の金額でしか売却できないと思ってください。このように仲介も買取も一長一短あります。ですから皆さんが不動産売却するにあたり、何を重視するかが重要なポイントです。

 

もしできるだけ早く不動産売却した現金を確保したいと思っているのであれば、買取を選択すべきです。別に売却するまで多少時間がかかってもいいので、できるだけ高い金額で売却しようと思っているのであれば仲介を選択した方がいいわけです。

スマイスター

今すぐスマイスターで一括査定をしてもらう

スマイスター公式ホームページへ