買主目線で自分の不動産を見つめることが高額売却の必須条件!

自分の不動産を売却するにあたって、大切なことは物件を客観的に評価する眼です。もう少し具体的に言うと、買主の目線で物件を見られるかどうかです。自分が不動産を購入する側になって、皆さんの物件を購入したいと思えるためにはどうすればいいのかという視点で考えてみてください。買主目線で物件を見て、必要な対処をするだけでも不動産への評価は変わってきます。

 

そこで重要なのは、皆さんの物件を少しでもきれいにしておくということです。きれいに整理整頓されている物件と薄汚い物件、皆さんはどちらを購入しますか?やはりきれいな物件の方が、新生活をスタートさせるにあたって気分もよくなります。また汚い物件の場合大切に扱われてこなかったのではないか、劣化も早いのではないかなどの懸念を生み出します。

 

ですから、物件を売りに出す前にきれいに掃除をすることを心がけてください。しかし素人が普通に掃除をしただけではきれいにするといっても、限界があります。そこでプロの業者にハウスクリーニングの依頼をしておくのもいいです。

 

特に物件を購入するお客さんの傾向を見てみると、水回りを入念にチェックする傾向があります。水回りの汚れはキッチンの油汚れやトイレの黄ばみなど、ちょっと拭いただけでは取り除けないようなものもたくさんあります。このようなしつこい汚れを取り除き、きれいにしたいのであればハウスクリーニングの利用も検討すべきです。

 

ハウスクリーニング業者に作業を依頼しても、かかったところで数万円です。不動産は数千万円単位で取引されるので、きれいかどうかだけでもかなり査定金額が変わることもあります。先行投資と思って、ハウスクリーニングしてみるのもいいです。

スマイスター

今すぐスマイスターで一括査定をしてもらう

スマイスター公式ホームページへ