抵当権を抹消することができれば売却は可能

マイホームなどの不動産を購入するにあたって、住宅ローンの借り入れをする人も多いです。ところでこの住宅ローンがまだ返済し終わっていない所で、不動産の売却をすることは可能でしょうか?結論から言いますと、住宅ローンの返済を実際に行わないと売れません。

 

このように言われると、今すぐ不動産売却ができなくなると思う人もいるはずです。なぜ住宅ローンの返済をしないと売却できないかというと、住宅ローンを組むと抵当権が付くからです。お金を融資するときにもし返済できなくなったときのために、金融機関は不動産を担保としてとっておきます。抵当権とは、この担保を取っていることの証明になるのです。

 

ちなみに住宅ローンの返済ができなくなると、担保として差し押さえている物件を競売などで売却します。このことを抵当権を実行するなどと表現します。抵当権が残っている物件を売却することは可能です。しかし売主が返却すべき住宅ローンを返済できなかった場合、競売にかけられます。そのようなリスクを負ってまで高額な不動産を購入する人が果たしているでしょうか?

 

しかし住宅ローンが残っていても、売却することは実際には可能です。なぜかというと、同時抹消という形を取れば売却できるからです。同時抹消とは、不動産を売却して買主から代金を受け取ります。この代金を使って一括返済をしてしまうのです。そうすれば、貸付を行っている金融機関は先の住宅ローン融資による抵当権を抹消してくれます。

 

つまり売ったお金で全額住宅ローンの返済ができれば、問題なく売却できます。ただし売値が住宅ローンよりも低いと残債がまだあるので、そのお金をどうするかが問題になります。

スマイスター

今すぐスマイスターで一括査定をしてもらう

スマイスター公式ホームページへ