リフォームしただけのプラスが返ってこないかも?

自分の不動産物件を売却するにあたって、リフォームしてきれいにしてから売却した方が高い値で売れると思っている人もいます。しかし結論から言いますと、不動産売却をするためだけにリフォームをする必要はないと思ってください。

 

リフォームをするとなると、その代金を皆さんが負担しないといけません。リフォームのコストを取り戻すためには、その分を不動産の売却価格に上乗せしないといけなくなります。そうすると周辺の物件の売却相場よりも高くなってしまって、売れにくくなる恐れがあります。

 

このためリフォームをしても、そのやった甲斐がなかなか価格の部分で反映されにくいのです。リフォームするのであれば、そのリフォーム分を値引きして販売した方がリーズナブルな価格になって買い手が付きやすくなるケースすら出てきます。また人によって好みも変わってくるので、買主にリフォームは任せた方がいいです。そしてリフォーム業者の情報をリサーチして情報提供をしてあげた方がよっぽど親切とも言えます。

 

また中には、住みながら売るというスタイルをとる人もいるはずです。その中でリフォームをしてきれいにした所で、皆さんが生活をしていく中で汚れや傷がまたついてしまう恐れもあります。このようにリフォームをやった意味が半減してしまうリスクもあるわけです。

 

そもそも購入する側も中古物件であれば、新築物件同様のピカピカの物件を希望していません。多少傷や汚れがあったとしても低価格で購入できるのであればいいと思っています。ただし目に付く場所をきれいにしておくなどの、自分でできるメンテナンスはしっかりと行うべきです。

スマイスター

今すぐスマイスターで一括査定をしてもらう

スマイスター公式ホームページへ