確定申告をする必要があるのでサラリーマンの人は特に注意!

不動産を売却すると、買主から代金を受け取ります。少し難しい話になりますが、このお金は譲渡所得といって所得の一種です。所得を得た場合、所得税などの税金を一定の税率で支払うことになります。ちなみに譲渡所得は、事業所得や給与所得などの他の所得とは別個に計算しないといけません。

 

このため、不動産を売却したのであれば確定申告をして税額を確定させないといけません。毎年2月中旬から3月中旬にかけて税務署で確定申告を行っているので、手続きを済ませてください。サラリーマンの方は会社が税処理をしているので普段確定申告をしないでしょうから、特に注意が必要です。

 

では譲渡所得はどのように算出するのでしょうか?これは、譲渡した時に得た金額からその物件を取得するためにかかった費用と売却するためにかかった費用を差し引いて算出します。物件の取得費は購入金額そのままではなく、所有期間に応じて減価償却費用を差し引く必要があります。

 

譲渡所得は以上の数式で算出できますが、税額を確定するためにはもう一つ行わないといけない工程があります。それは特別控除をさらに差し引くことです。マイホームを売却した場合、譲渡所得からさらに3000万円を差し引きます。つまり3000万円以下の譲渡所得であれば、課税の対象にはならないわけです。

 

確定申告では、売却時の売買契約書とその不動産を皆さんが購入した時の契約書、仲介手数料や売却手数料の領収書が必要です。いずれもコピーでも構わないのですが、きちんと保管しておいてください。その他にも特例が適用される際には、ほかの書類も必要になるかもしれないので国税庁などで確認すべきです。

スマイスター

今すぐスマイスターで一括査定をしてもらう

スマイスター公式ホームページへ